インターネット上でクレジットカードのなりすましに注意

なりすましとは、インターネット上で本人になりすまして、クレジットカードを使用する行為です。その為、クレジットカードを利用する場合には、管理やセキュリティに対する認識を高める必要があります。

特にインターネットの場合だと、クレジットカードの番号、有効期限、氏名を入力するだけで利用することが出来るので、現実世界での利用よりも、簡単に第三者が本人になりすまして使われる可能性があります。

パソコンでクレジットカードを使う場合には、キーロガーと呼ばれるキーボードのどのキーを入力したのかを第三者に送る悪意のあるソフトや、コンピュータウィルスなどの感染から情報が流失することもあり、また、信憑性の低い個人経営のネットショップや、海外サイトなどでクレジットカードを利用したことにより、流失してしまうと言った事例もあるようです。

最近では、大手ネットショップなどに不正アクセスが行われ、情報が抜き出されることもしばし見られます。ここからクレジットカード情報が流失してしまうこともあるので、この場合にはニュースとして取り上げられたり、ネットショップ側からも知らされることがあるでしょう。使用履歴を確認して、不正利用のチェックが必要となります。

不正利用が行われた際には、「ショッピングガード」と呼ばれる付帯補償サービスが搭載されている場合があります。指定された金額までの不正利用額が補償されるので、インターネットでのクレジットカード使用が多い場合には、ショッピングガードへの加入が望ましいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ