クレジットカードに設定されている有効期限の役割

クレジットカードには有効期限が決められており、過ぎてしまうと利用できなくなります。その為、クレジットカードの更新が必要になりますが、有効期限が設定されている目的としては、利用者の再審査であり、利用状況や返済状況に応じて、更新が行われます。

一定期間内での利用が全くない場合や、返済状況があまりよくない場合には、更新が行われず、自動的に契約が打ち切りになる会社などもあるようです。

期限に関しては、2年から5年と会社によって大きく異なり、信用がない時期の場合には期限が短く設定されており、長期的な契約を避ける会社がありますが、信用を得ることで期限が長くなり、更新のタイミングを長くしたい場合には、ごく普通に利用することが重要です。

注意点としては、電子マネー搭載型のクレジットカードであり、あらかじめ入金して利用するプリペイド型電子マネーに関しては、再発行時に、入金していた電子マネーを移行することが出来ません。その為、使い切るか、払い戻しを行う必要があり、期限が過ぎてしまった場合には、カード自体が利用できなくなるので、引継ぎの操作が必要です。

カード更新の目的には、信用判断以外にも新しいカードモデルへの交換や、セキュリティレベルの向上の意味合いもあり、ICチップ内の情報を新しいものに書き直すことで、不正利用を防ぐセキュリティとしての役目や、新しいサービスへの対応の為に、ETCの搭載やバイオテクノロジーへの対応が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ