クレジットカードの無駄遣いでも債権差押えの可能性あり

債権差押えとは、債権者が裁判などを行い国から認められる形で、債務者の動産、不動産などの財産を差し押さえることです。主にアパートの家賃の滞納、消費者金融の滞納、クレジットカードの滞納など、悪質で返済する意思がないと債権者が判断した場合に裁判を行う事で、債権の差押えを執行することが可能になります。

また、借金による自己破産の際にも、全ての財産を没収することで借金を皆無にするものなので、住宅や車など、換金して20万円以上になるものは差押えの対象です。

基本的には悪質な債務者に向けられて執行が行われるので、いい加減な返事などを行い、債権者の怒りを買うようなことを行えば、裁判を起こされる可能性があり、穏便に返済プランなどを相談しておくことが重要になります。

差し押さえる債権がない場合には、通勤先に債権差押通知書が送られることで、給料まで押さえられる対象となるので、あまり悪質な滞納を行う事はできません。債権差押えでも介入できない財産があり、それは生きていくうえで最低限の財産で、給料を差し押さえる場合には、最低でも10万円は債務者の生活の為に残しておく必要があります。

同様に、国民年金の給付請求権、生活保護、福祉、擁護を目的とする給付金、損害賠償、労災補償などの請求権は、生存権に関わるものなので、これらを差し押さえることは出来ません。その為、クレジットカードなどを利用する場合にも、使い過ぎに気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ