クレジットカードの代わりの決算方法、ダイレクトデビット

ダイレクトデビットとは、デビットカードによる決算方法の事です。デビットカードは、クレジットカードの様に決算時にカードを使うことで、現金を使わずに清算できるシステムです。銀行口座から利用金額を引き落とすことで、使い過ぎなどのようなトラブルもなく、審査などもないので、安心して使うことが出来るものです。

直接、銀行口座から引き落とすので、ダイレクトデビットと言われています。主に、銀行ATMで商品を購入する金額を引き出すのを忘れた場合や、高額商品を購入する際に利用されるもので、最近では、インターネットでのオンラインショッピングや、デジタルコンテンツ購入の決算方法としても利用されています。

デビットカードは都市銀行、第一地方銀行など、大手のキャッシングカードに搭載されていますが、第二地方銀行など規模が小さい銀行の場合には、搭載している例が少なく、ICチップが非搭載などセキュリティ面での不安要素もあります。

スルガ銀行ではデビットカード目的の商品が登場しており、VISAが搭載されているので、海外での使用もできます。利用する金額を口座へ入金するだけで、入金した分の金額が利用できるので、ダイレクトデビットによる決算の為に所有する事も可能です。

申し込みは15歳から作ることが出来るので、クレジットを持つことが出来ない高校生などでも申し込み、利用することが出来るでしょう。インターネット上でのデジタルコンテンツの購入などでも利用されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ