企業の知識の共有化を果たすナレッジマネジメント

ナレッジマネジメントとは、データベースを活用して企業の生産性を向上させることです。企業には生産管理、販売管理、財務管理、人的資源管理、情報管理の5つがメインとなりますが、6つ目として個人の知識の共有化、明確化、作業の効率化をデータベース化することで効率よく生産性を向上させます。

特に、個人の知識やノウハウをまとめることで会社の財産にする目的があり、インターネットを使い、電子掲示板やメール、ソーシャルネットワークを利用することで、社員同士のコミュニケーション向上とともに、特定の社員が何が詳しい分野なのかを明確にすることで、知識の共有を行います。

インターネット上のサイトとしては、「Apple Support Discussion」がその役割を果たしており、ユーザーたちのコミュニケーションサイトにはなりますが、アップル商品で分からないことがあれば、このサイトに質問を投稿することで、詳しいユーザーが解説を行い、知識の共有化を果たしています。

他にもOKwaveやYahoo!知恵袋なども該当するでしょう。
もちろん、クレジットカードの分野も複雑で多様化している世界なので、消費者が質問をするサイトなども多く、知識の共有化を果たしています。

企業でも、他社同士がクレジットカード犯罪に関する知識の共有化を行う事で、悪意のある人間から守るためのセキュリティなども向上しており、企業内だけではなく、同じ業種同士でも知識の共有化が行われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ