ユーザンス期間を利用してクレジットカードを有効活用

クレジットカードには、ユーザンス期間と呼ばれる支払い猶予期間があります。これは、クレジットカード発行会社が指定する締日から、支払いまでの期間を指す言葉で、クレジットカードを利用する日にちによって、ユーザンス期間が短くなったり、長くなったりします。

例えば、15日締めの翌月10日支払いだった場合、15日にクレジットカードを利用した場合と、16日に利用した場合では、この支払い猶予期間が大きく異なります。

15日に利用した場合には当日が締日となりますので、支払いが翌月の10日に行われることになり、16日に使った場合には締日が翌月の15日になるので、翌々月の10日が支払日です。

このように、商品購入から支払いまでの時間に大きな違いが生まれるので、利用者からしてみれば、決済までの期間が長ければ長いほど有利となり、その為、クレジットカードを上手に利用するテクニックとして、多種多様なメディアで紹介されています。

分散して利用金額が請求されるので、クレジットカードの使い過ぎを防ぐ役割もあり、締日の翌日には利用額がリセットされることから、この時に買い物を行う人もいるようです。

元々は、貿易において輸入業者と輸出業者の支払いの際、輸入品の代金回収までの一定期間猶予が行われることを指す言葉で、一時的に銀行から輸入代金を融資してもらい、代金回収が終了して、返済の時に為替などで金利を生むことをユーザンス金利と言い、銀行はこれを狙って融資を行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ