クレジットカード再発行を行うタイミングとは

クレジットカードの紛失・盗難に遭遇した場合に必要なこととして、カード再発行があります。これは以前使っていたもののサービスを全て停止させて、新しくクレジットカードを再発行してもらう事で、引き続きクレジットサービスを利用できるものです。

紛失・盗難に気付いた場合には、警察よりも真っ先に発行会社に連絡する必要があり、いち早く利用を停止させ、不正利用を防がなくてはなりません。もし、不正利用があった場合には、付帯保険のショッピングガードで補償されるので、クレジットカードの申し込み時に付帯保険サービスに関する申し込みも確認してください。

また、クレジットカードの情報だけが盗まれて、不正利用が行われるケースもあり、スキミングによる偽造カードの作成や、インターネットによる情報流出などで、手元に実物があったとしても不正利用が行われます。

特に、近年ではインターネットによる被害が多く、悪意のあるソフトウェアがコンピュータ内に侵入したことで、インターネットショッピングサイトで買い物を行った場合に入力したクレジット情報が盗まれ、悪意のある第三者に利用される被害があります。その為、セキュリティソフトの導入などで、情報漏洩に関する危機感を持ってコンピュータを操作しなければなりません。

最近では、インターネットショッピングサイトや企業が管理するサーバーがハッキングされ、個人情報やクレジットカード情報が盗まれる事件もあるので、ニュースや企業が公表する情報を確認してから止めてもらい、再発行を行う手続きが必要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ