消費者に直接アピールを行うダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングとは、消費者に直接商品をアピールする販売方法で、通常の広告を行うよりも、興味のある消費者を限定し、商品をアピールすることで、購買率を上げる手法です。消費者を限定するので、その為にはデータベースが必要となります。

エステやスポーツクラブ等では入会サービスが行われるので、個人情報を入手しやすく、小売店でもアンケートなどで得た個人情報を元に、ダイレクトメールなどのチラシ、パンフレットを郵送することで、アピールが出来ます。

また、クレジットカード会社や、雑誌のアンケートなどで得られた個人情報を使ったダイレクトマーケティングなども行われており、UCカードやJCBカードでは、加盟店の代わりにダイレクトメールを郵送するサービスを行っています。

加盟店は、膨大なデータベースから性別、地域、世代を選択することで、特定の興味がありそうな顧客層への広告を打ち出すことが出来ます。その為、小さな小売店でもダイレクトマーケティングが行えるのです。

昨今では、インターネットにおける通信販売が充実していることから、オンラインショップを展開する業者が、郵送の為に得た情報や購入履歴から、興味のありそうな商品を電子メールにてアピールすることができます。

インターネットブラウザの閲覧履歴から、興味のありそうな商品を広告バナーにて表示される仕組みも登場し、インターネットの世界では、効率の良いお勧め商品のアピールが行われ、劇的な進化を見せているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ