高いセキュリティと利便性が向上したICカード

ICカードとは、集積回路を搭載したものです。高いセキュリティが求められるクレジットカード、キャッシングカード、電子マネーなどを中心に利用されています。

従来の磁気ストライプの数十倍から数千倍のデータ保存領域を確保したことにより、複雑化した個人情報の暗号、バイオテクノロジーが使われた指紋情報、静脈情報などの生体認証に関するデータが保存されています。

また、ICチップ単体で演算能力を持っていることから、変造や解析が難しく、高いセキュリティ機能に優れています。キャッシングカードの場合には、ATMに生体認証システムが導入されていることから、指の静脈を読み取る機器により本人確認を行うことが可能です。

利用方法にも大きな変化を与えるものとなり、偽造カードが作りにくいことから、買い物の際にクレジットカードを利用するとサインが求められず、暗証番号だけで本人確認を行う仕組みになりました。これにより、スムーズな買い物を行うことが出来ます。

ICチップには新たに非接触型ICチップも登場し、電子マネーやIC乗車券等で使われています。かざすだけで利用できるものなので、クレジットカードにも、電子マネーやIC乗車券を搭載したものが登場しており、種類によってはコンビニやスーパーで買い物をする際に、電子マネーとしてかざして利用することが可能で、駅の改札口にかざして電車に搭乗することもできます。

ICチップの技術が向上することで、セキュリティだけではなく、利用方法の手段などにも影響しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ