クレジットカードを識別するカード識別コードとセキュリティ

カード識別コードとは、クレジットカードに記録されているコードのことで、発行会社、会員番号など個人を識別するコードになります。クレジットカードには2種類の記録方法があり、磁気ストライプによる情報記録と、ICチップによる情報記録とに分かれます。

磁気ストライプは、クレジットカード背面の磁気テープに情報が記録されており、データ保存領域が少ないので、偽造カードが作られやすいデメリットがあり、スキミング被害の多くは磁気ストライプによって引き起こされ、セキュリティ面での不安要素があります。

ICチップは磁気ストライプの数十倍から数千倍とデータ保存領域が大きいので、識別コードを複雑に保存することで、偽造カードの製造防止に一役買っています。また、指紋データや静脈データを記録することで、バイオテクノロジーによるセキュリティにも利用でき、対応したATMなどを操作する場合には、指紋や静脈による不正利用の防止にも使われているのです。

カードの再発行・更新などで、最新のモデルでは、セキュリティ面の向上から磁気ストライプからICチップへと切り替えが行われており、加盟店など利用する場所でも、ICチップを読み取る機器への対応が行われています。

ICチップのモデルを利用する場合には、利用者の操作も大きく異なり、磁気ストライプ時代にはサインが必要でしたが、ICチップ時代にはサイレンレスとなり、暗証番号による本人確認に切り替わりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ