クレジットカードとダイレクトメールの関係

ダイレクトメールとは、企業や小売店が消費者に直接広告を郵送するマーケティングの一種です。主にチラシやパンフレットなどを、郵便やメール便を使って郵送するので、ポストに直接入っている広告の種類になります。

顧客情報は、エステやスポーツクラブを利用した際に記入した入会情報や、小売店であればアンケートなどの情報を元に顧客情報がデータベースにまとめられ、興味のあるサービスを割り出す事が出来るので、効率のいい広告戦略を行う事が可能です。

最近では、インターネットの普及からオンラインショッピングを利用する人が多くなり、顧客情報を入力して購入するシステムとなるので、入力したメールアドレスに電子メールを送る、ダイレクトメールも利用されています。

実際にチラシやパンフレットなどを、郵送費を発生させてまで広告を出すよりも、コストが抑えられて効率のいい広告戦略として注目されているのです。

クレジットカード発行会社も、ダイレクトメールを発送するサービスを行っており、クレジットカードの加盟店であれば、UCカード、JCBカードなどの発行会社が、加盟店の代わりに郵送してくれるサービスが存在します。

これにより、顧客のデータベースを持たない加盟店が、発行会社を通じて効率のいい戦略を実施でき、加盟店は同封物を発行会社に送るだけで、あとはクレジットカード会員の条件に合わせて郵送が行われるので、年齢、地域、性別などを指定するだけで、広告を出すことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ