限定された使い方になるハウスカードの意味

ハウスカードとは、発行する企業やグループがチェーン店舗でのみ利用できるクレジットカードの事です。主にショッピングモールや百貨店などの商業施設から、自動車メーカー、石油会社などが発行を行っており、利用できる店舗を関連グループのみに限定することで、利用者の囲い込みが狙いとして行われています。

その為、利用者は指定されたお店でしか利用できないデメリットの代わりに、ポイントが多く付与されるなどのメリットを与えることで、企業は利用者を囲い込みます。

最近では、発行会社にも寄りますが、クレジットカードの国際ブランドと提携をすることで、関連グループ以外の店舗でも国際ブランドが対応していれば利用できる仕組みを導入しており、利用者の利便性向上を行う事で、クレジットカードの契約数を増やす狙いも行われています。

この場合にもグループ関連店舗での使用を優先するべく、ポイントの付与率を向上させることで、関係のない店舗でも利用できる利便性と関連グループ店舗でのポイントが多く付与されるメリットを与える戦略が行われています。

ハウスカードは元々、限られた店などの利用を目的とした定義から、ショッピングモールや百貨店などの商業施設から自動車メーカー、石油会社が発行するクレジットカードを示す定義へと移り変わっています。

その為、限定された店での利用しか使えないクレジットカード自体はごく少数となり、関連店での使用の際に大きなメリットが与えられるカードの事になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ