クレジットカードの融資規制とキャッシングサービスへの影響

融資を受ける際に貸金業法によって融資規制が行われます。これは年収の3分の1以上の融資は認められないというもので、利用者の借りすぎを防ぐ役割と、債権者のリスクを減らすために執行されました。

クレジットカードの場合にはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠が存在しますが、規制に該当するのはキャッシング枠となり、ショッピング枠は該当しません。その為、キャッシング枠は貸金業法によって決められるものになります。

その他のカードローンによるキャッシング枠も該当し、複数のクレジットカードを所有している場合にはトータルが年収の3分の1に設定されることから、目的の融資金額を望んだ場合でも審査をクリアできずに低めに設定が行われる可能性があります。

クレジットカードを使っている人の中には、キャッシング枠の存在すら知らない人も多く、知らず知らずのうちにキャッシング枠が設定されていた事により、融資規制に該当することから、カードローンや消費者金融を利用する際に利用額に影響を与えてしまいます。

この際には改めてクレジットカードの利用状況を考えて、利用停止やキャッシング枠の削除などを行い、融資に使える金額枠を増やすことが賢い手だと言えるでしょう。

ショッピング枠は該当しないので、クレジットカードで融資などを利用せずにショッピングのみでの利用であれば、あまり気にするポイントではありません。その為、融資枠の設定は出来るだけ外しておいた方がいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ