クレジットカードのセキュリティを高めるカードシステムの種類

クレジットカードやキャッシュカードには情報が記録されており、誰が利用したのかを判別するコードから生体認証システムの情報などが保存されています。これがカードシステムと呼ばれる技術で、技術の進歩からセキュリティの役割も果たしています。

現在では主に2種類のシステムが導入されており、磁気ストライプとICチップがクレジットカードやキャッシュカードのシステムとセキュリティの為に搭載されています。
磁気ストライプは背面の磁気テープに47文字の数列が記録されているもので、利用時には47文字の数列をシステムを照らし合わせて、個人を特定する仕組みです。

クレジットカードの場合には47文字の数列を解読することが容易なことから偽造カードなどが作られるセキュリティの低さが露呈しています。

ICチップは磁気ストライプと比較しても数十倍から数千倍の情報記録領域を確保したことから、個人を特定するコードの複雑化を行う事が可能で、簡単にデータを盗まれにくく、偽造されにくいものとなりました。

また、生体認証システムにも対応しており、指紋情報や静脈情報などのデータを保存することで、対応する機器であれば、個人の持つ生体情報と照らし合わせて、本人が利用していることの照らし合わせが可能になりました。

クレジットカードの利用方法にも影響を与え、磁気ストライプの際にはサインが求められていましたが、ICチップになるとサインではなく暗証番号で本人確認を行う使い方になりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ