クレジットカードにも影響を与える融資金額設定

融資金額は消費者金融のキャッシングなどの金銭を借りるサービスを利用する際に設定される限度額の事です。クレジットカードもキャッシング機能が搭載されていることから例外ではありません。

貸金業法によって融資規制が行われていることから、利用者の年収の3分の1しか融資を行うことが出来ず、それ以上の融資を受けることが出来ません。

その為、複数の消費者金融やキャッシング機能が搭載されたクレジットカードを利用している場合には、金融企業同士で情報を共有していることから、会社を変えたとしても融資規制以上の金銭を借りることが出来ません。

また、融資金額は申込時の希望融資額を設定することで審査が行われ、出来るだけ希望に近い金額に設定をしてくれますが、融資規制が入る場合には希望金額以下になることもあります。

その為、不必要なキャッシング機能搭載のクレジットカードを所有していると、新しく申し込む際のカードの審査項目に該当する可能性が浮上するので、使用するカードは出来るだけ少なめに、解約などを行う事が重要です。

中にはクレジット機能のみ使用するためにカードを作ったら、知らず知らずのうちにキャッシング機能に申し込んでいたり、搭載されて利用金額が設定されている可能性もあります。

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠の2つの枠がありますが、融資規制に該当するのはキャッシング枠となり、この枠が多ければ規制対象となります。ショッピング枠に関しては大きくても影響しません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ