ITが生み出したクレジットカードの利便性と脅威とは

ITとはインターネットテクノロジーの略称で、パソコンや携帯電話などがインターネット接続することで、時間、場所問わずに様々な情報にアクセスできる技術の事です。ITの登場でクレジットカードの利用方法は大きく変化をすることになり、セキュリティの意識も高めることになりました。

大きな変化としてはクレジットカードの操作で、インターネットを使うことで、クレジットカードの利用状況やポイント確認、リボルビング払いへの変更、キャッシング操作では指定した銀行口座への入金を行う事が簡単に出来るようになり、携帯電話からの操作にも対応していることから、時間、場所問わずにクレジットカードの操作を行う事が出来ます。

また、インターネットショッピングや有料コンテンツの登場で、支払い方法の手段としても利用されており、サービスを提供する会社としても手っ取り早い購入金額の回収方法として採用されています。

その為、銀行振り込みやコンビニ払いよりもポイントサービスの付与などでクレジットカードによる支払いだけの特典が行われています。
インターネット上で、クレジットカードを扱う上では重要なものとしてセキュリティ問題があります。

クレジット番号、認証コードさえあれば手軽に買い物を行えることから、番号が盗まれてしまった場合には悪意のある第三者が不正利用を行う事が出来ます。その為、パソコン内のコンピュータウイルスの侵入やショッピングサイトなどが偽物ではないのかなど危機意識を持ちながら利用しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ