借金返済時の債権証書の返還の効力と役割の意味

債権証書の返還とは、借金などを抱える債務者が融資を行った債権者に対して、債権の借用書を返還することです。完済してしまえば借用書の役目も終了してしまうので、債務者に引き渡す必要があります。金銭賃借の場合には借用書が債権証書に該当し、多くの人が借用書として理解している書類です。

これは裁判などでも効果がある書類であり、借用書の返還が行われた後に、債権者がまだ返済が終了していないと言われた場合でもこの書類が返還された時点で、完済が終了したものと判断されるので、後々のトラブルの際でも効果を発揮するものになります。

民法上では借用書の返還が行われない場合には支払いを拒否することも可能で、債務者が完済を行ったにもかかわらず、債権者が完済が終了していないから借用書を渡せないとなった場合には法務局が仲介として入り、債権者に対抗することになります。

金銭の貸し借りの世界では、このようなトラブルが想定されることから、法律上で債務者の権利が認められており、完済した際には債権証書の返還を行うことを忘れずにしましょう。

主に消費者金融での融資の際の問題なので、クレジットカードを利用する上ではあまり関係のない話ですが、クレジットカードのキャッシングを利用して返済が滞ったことから不良債権回収業者などに債権が移った場合には大きく関係してくる内容になります。その為、消費者金融やクレジットカードなどの金銭に関わるサービスに関しては計画的に利用しておきたいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ