口約束でも成立する諾成契約の利用とデメリット

書類不要の契約手段として、『要物契約』と『諾成契約』の2つがあります。大きな違いとしては目的物を引き渡すのか、それとも目的物が無くても認められるのかに分かれます。
要物契約の場合には目的物を引き渡すことで結ばれる手段の一つで、クレジットカードなど金銭消費賃借契約にあたることから、こちらに該当することになります。

他にも現金や小切手、手形、振込入金なども該当し、普段の生活で行う買い物なども目的物と現金を交換することで認められるものになります。
諾成契約の場合には目的物の存在がないものであり、当事者の双方が同意を行えば認められるものになります。

その為、口約束でも法律的には認められる約束であり、後々のトラブルを生み出す要因になる可能性もひそめており、主に業者などの手続きの一つである、商品やサービスの売買に関する手前の契約や賃貸物件の貸し借りに関するものなどが該当します。

普段の生活ではホテルや商品などの予約が該当し、利用者が利用することを前提に予約を行うので、ホテルや店舗側にはサービスや商品を押さえておくことが認められます。

しかし、ホテルや商品の予約の場合には利用者側からの一方的なキャンセルがあることから、事前に利用料金や商品の頭金を収めることで、口約束から要物による取引へと変化を見せています。このように、口約束でも効力があるものであり、利用者もサービスを提供する店舗側も認識をしておかないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ