クレジットカードの発展に関与する日本クレジットカード協会

日本クレジットカード協会とは、JCCAとも呼ばれている組織で、銀行系クレジットカード会社が複数集まり組織化された団体になります。主にクレジットカードの健全な発展や消費者への注意喚起などを行う事で、クレジットカードの将来に対しての発展を目的としています。

その為に、協会は消費者に向けて、基本的な知識や正しい利用方法などを解説している他に、セキュリティの重要性や予期されるトラブルなどをきちんと説明していることで、事前にトラブルを防ぐ役割も果たしています。

また、加盟しているクレジットカード会社に向けてはCAT共同利用システムやIC端末共同利用システムを導入を促しており、加盟店やカード会社に向けてのセキュリティの意識を高めると共に不正使用を防止する対策も行われています。

このようなクレジットカード事業に関する調査、研究、広報、PR活動、現在の問題点への改善などを行う事がメイン事業であり、利用者や利用金額の推移などの業績なども公表していることから、これからクレジットを利用していく人向けの参考資料も提示しています。

安全に、そして信用できるサービスに向けてのセキュリティ向上や加盟店同士での規約作りなどを行う事で、これからの利用者数を増やすとともに、健全なシステムを作ることがJCCAの目的であり、消費者のクレームなどを受け入れていることから、加盟している会社としてもトラブルが発生した際にはとても役に立つ組織でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ