前払式証票法から資金決済法への変化と違い

前払式証票法は1989年から2010年まで施行された法律で、商品券やプリペイドカードに関わる適正な運営を目的としていました。

対象となるものとしては商品券やプリペイドカード、テレホンカード、電子マネーなどが該当しており、事前に金額を支払うことで同等の価値がある金券について、発行者の登録の義務付けや業務が適正な運営を行っているのかなど利益保護を目的とした法律になります。

2010年から施行された資金決済法が代わりを務めたことから、前払式証票は廃止されることになりました。大きな違いとしては資産決済サービスとして電子マネーやWEBマネーなどの種類が多様化してきたことにより、サービスの充実や適正な運営目的としながらも、為替取引に関しては以前は銀行間同士でのみしか認められていませんでした。

この法律の登場により、資金移動業者も少額の為替取引を行う事が可能になり、電子マネーなどの法整備なども行われました。

電子マネーをはじめとする仮想マネーへの対応も行われており、資金決済法ではインターネット上で利用される仮想通貨がが6か月以上有効だった場合には、提供企業が供託金を収めることになるので、多くのインターネットサービス上で利用されている仮想通貨は5か月の利用が無ければ仮想通貨としての効果を失う仕組みになりました。

これにより、現金から仮想通貨へ換金した場合でも利用が無ければ消滅してしまいます。
商品券などの金券を発行する会社以外にもインターネットの普及で参入する企業が増えたことに対する法律です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ