クレジットカードで影響する融資残高の特徴

消費者金融などの金融機関が行うキャッシングサービス、ローンサービス等の融資サービスには利用できる金額の上限が定められており、この利用できる額の事を融資残高と呼びます。上限は貸金業法の融資規制により、利用する顧客の年収3分の1以内までと決められています。

それ以上の金額を借りる事が出来ないので、顧客の無理な使い方を防ぐことが可能で、金融機関の負担も軽減することが目的です。クレジットカードの場合にはショッピング枠とキャッシング枠の2つの枠に分かれていますが、貸金業法ではショッピング枠は該当せず、直接金銭を借りることが出来るキャッシング枠が該当することになります。

消費者金融やカード会社などは顧客の情報を共有していることから、融資できる金額の設定を行います。その為、複数の消費者金融のキャッシングサービスやカード会社のクレジットカードを複数枚所有している場合には、金額が年収の3分の1と決められていることから、他社の融資金額も大きく影響します。

新しく、消費者金融やクレジットカードを利用する際に希望融資額を設定する際には、他社の状況を照らし合わせての審査が行われることから、希望した金額よりも減額する可能性もあります。

知らず知らずのうちにキャッシング機能を搭載してしまったクレジットカードがある場合には、これも影響しているので、複数枚所有していると、キャッシング時に利用出来る金額が減らされるので、不必要なカードは解約などを行うと、残高を増やすことが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ