多額の投資を必要とする機関へのリース信用保険の必要性

リース信用保険とは、中小企業向けの保険サービスで、倒産した際には政府が不払い料金の半分を負担してくれるもので、経営リスクが大きい中小企業が導入しやすいリースサービスとなります。

経済産業省が定める一定の条件で機器やコンピュータプログラムをリースすることが可能であり、中小企業が日本の経済を活性化させるために機材導入を進める目的があります。通常のリース会社なども大きな金額が動くことから、投資やリスクの面でデメリットが大きく生じることから、以前は中小企業がリースを行いにくい一面もありました。

この現状から政府が関与することで、投資やリスク面での問題を解決することになったのです。
近年では、低炭素投資への注目が上がっており、電気に代わるエネルギー開発としてクレジット業界、リース業界ともに注目されているエネルギーになります。

これから需要が増える前提を踏まえて、リース会社が複数集まることで、政府とは関わらないリース信用保険サービスを展開する一方で、低炭素投資促進機構自体もクレジットの販売で新エネルギーを購入しやすい環境を作り上げています。

中小企業の設備投資から新エネルギーに対する投資は、安定するという保証は少ないため、多額の投資を行ったとしても倒産やプロジェクトが終了してしまう可能性も秘めているという点から、安心してプロジェクトが行える保険が必要になります。その為に、政府や会社が複数集まり保険を付けることで安心した投資を行う事ができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ