会社などで利用されるIDカードとクレジットカード

IDカードとは、企業の社員証や学校の学生証などが該当し、個人名、顔写真が掲載されていることから、立ち入りが制限される企業の社屋や学校の構内などに自由に出入りできる身分証明書としての役割もあります。

カードには情報記憶領域も確保されているものもあり、磁気ストライプやICチップなどの導入により、身分証明書以外にも様々な機能が搭載されています。システムに情報を登録が出来る機能もそのひとつです。

これにより、企業であれば勤務状況を確認するために、タイムカードのような出社、退社の状況も管理することが可能であり、学校であれば、出席状況を確認することも可能です。

また、セキュリティ面で、不審者を拒む仕組みとしては、会社の入口にリーダーを設置することで、社員証を認識させることで、入口を開閉する仕組みも取り入れられています。企業の情報などを守るため、見知らぬ第三者の侵入を防ぐ役割もあります。その為、会社などの入退室管理にもよく利用されます。

大きな企業では、IDカードにクレジットカードの機能を搭載されることもあり、その場合は社員証を獲得するためにクレジットカードへ申し込む必要が出てきます。

この場合の不安要素としてはクレジットカードの審査がありますが、個人の信用ではなく、会社の信用で発行することから、過去に金融事故を起こしていたとしても発行が行われるので、個人で申し込みが断られた人でも審査をクリアすることが出来ます。その為、新入社員でもゴールドカードを申し込みが可能になる場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ