会社の経営が不安定な時に適応される債権棚上げ

金融機関が、融資先の経営が行き詰まっている時に行う支援策として、債権棚上げがあります。主に企業への融資の際に自己破産などが行われれば債権の回収が出来なくなることから、回収が出来る状態までは利息をカットしたり、元金返済額を凍結する事をさします。

債権棚上げを行っても経営状態が不安定になる場合には債権免除を行う場合もあり、出来るだけ債権回収が出来る状態まで回復を行うのも金融機関の役割となります。

金融機関によっては返済の棚上げと言う名称も使われており、回復した後には今までの棚上げしていた金額については新たに返済額に上乗せするか、返済期間を延長することで経営状態が不安定だった時期に発生した融資の回収を行います。

利息の棚上げが一番リスクが低い立て直し方法であり、経営が不安定な時期に対して利息だけを免除するやり方なので、金融機関としても返済の棚上げを行うより融資した金額が回収できることから、債権棚上げで最初に行われるものになります。

その為、債権回収は出来る限り行われるものであり、個人よりも企業への投資の場合には多額の金銭が動いていることから金融機関も必死に立て直しに協力する仕組みになります。

問題点としては立て直した後の利息や返済の猶予に対する取り決めであり、金融機関とのトラブルの元にもなり、猶予されていた返済額に対する利息はどのような処理が行われるのか、免除になる場合にはどの期間が免除されるのかを明確にしておくことが望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ