合意があれば認められる諾成的金銭消費賃借契約

諾成的金銭消費賃借契約とは、受領が無くても当事者の合意があれば認められる約束事であり、金銭を借りる際に借りたものと同じもの、同じ価値があるものを返却することを約束する事です。

金銭消費賃借契約にはクレジットカードやローン契約など銀行や消費者金融、カード会社が貸主として契約を行いますが、諾成的金銭消費賃借契約の場合には当事者の合意があれば認められるものなので、書類などの手続きを行わずにお金を借りて、口約束で返済期日を指定した場合にはこれが正規な契約として判断が行われます。

その為、カードローンなどでは、融資限度額のクレジットラインを設定して融資を行いますが、返済する事に関してはきちんと返すことの書類を提出していません。しかし、返済することを合意で申込みを行う事から、この契約が有効となるわけです。

双方の合意が認められれば法律上でも認められるので、申し込む際にも合意をしていると判断が行われれば、書類には関係なく約束事を守る必要性があります。
似たような法律として諾成契約があり、こちらも民法上で定められているルールとなります。

こちらの場合には金銭のやり取りに関わらない、口頭での約束を保護するものであり、商品やサービスを提供することの約束事から賃貸物件の貸し借りに関する口頭での取引には双方の合意が認められれば有効になるものです。その為、気軽な口約束や口頭での取り決めなども書類を通さなくても有効になる事から、注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ