トラブルの相談を行う日本クレジットカウンセリング協会

クレジットカードの問題点の一つとして多重債務になりやすい性質があります。これはクレジットカードを利用する際に、現金をその場で消費しないことから、金銭感覚がマヒしてしまう現象として陥りやすい問題です。

クレジットカードの利用によって多重債務に悩む人の生活を再建する組織として、日本クレジットカウンセリング協会があります。公正、中立な立場から多重債務に悩む人たちをカウンセリングすることが大きな目的です。

事業内容としては相談が中心となり、日本弁護士連合会、消費者団体、言論界、学識経験者、貸金業界、銀行業界などが加わっていることから、様々なクレジットカードに関するトラブルの相談事を引き受けています。それと同時に弁済計画などを組むことで、利用者の債務に関するトラブルを解消することが可能です。

最悪の場合には自己破産、民事再生等の司法手続きに関する助言も行われるので、日本クレジットカウンセリング協会経由で弁護士を紹介され、自己破産、民事再生などの裁判に関わる手続きがスムーズに行われる仕組みもあります。

このような事態に陥らない為にも協会側としては、クレジットカードの使い方をはじめ、利用方法を見直してもらう広報も行っており、利用者信用の回復についての啓発を行い、多重債務者の発生を未然に防止する活動も行っていることから、クレジットカードによる勉強会などでパンフレットによる呼びかけを行い、クレジットに関する相談する場の役割も果たしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ