破産の入口になるクレジットカードの危険性

破産とは財産を全て失う事であり、借金を行ったことが原因で返済できる見込みすらない状態の事を指します。経済的に破産していることから、裁判所で自己破産の手続きを行えば、財産を失う代わりに借金が無くなる仕組みもあります。

その破産への入口になりやすい借金方法として挙げられるのが、クレジットカードです。クレジットカードはカード会社が一時的に利用者の商品代金を収める代わりに後で商品代金を回収する仕組みであり、利用者はその場では支払いを済ませないので、カードの使い過ぎに陥る場合があります。

また、返済方法としてもリボルビング払いの導入により、利用回数が多かった場合でも毎月の返済額が急激に増えることなく、返済期間が長くなる仕組みになるので、より借金しているという意識が薄れ、クレジットカードの使い過ぎに繋がる懸念があります。

その為、クレジットカードの使い過ぎには注意を行い、現状の利用金額などを把握することで、借金をしていることへの意識を高め、自由に使えるお金にも限度があることに気を付けなければいけません。

返済が出来なくなるまで使いすぎてしまうと、カード会社が所有している債権が売られてしまう可能性もあり、買い取った債権会社との返済の計画を打ち合わせすることになります。ここまで陥った場合には信用情報が傷つくことから、新しくクレジットカードを申し込んだり、消費者金融のローンサービスを受ける場合に審査に落ちる可能性が高くなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ