クレジットカード不正利用に対するカード盗難保険

カード盗難保険とはクレジットカードの付帯保険サービスの一つで、盗難、紛失により、本人とは関係のない第三者が不正利用を行った場合に、その損害を補償してくれるサービスになります。

以前では年会費が必要なクレジットカードの付帯保険サービスとして、回収した年会費から補填されていましたが、最近では年会費永久無料のクレジットカードが増えたことから、カード会社の利益から補填が行われています。

しかし、保険の対象としても年会費を必要とするカードモデルの方が高い金額まで補償されているケースが多く、より安全に、より安心して利用する場合には年会費への加入した場合の方が優遇されています。

その為、年会費永久無料の場合には会社にもよりますが、500万円までの補填が行われますが、それ以上の補填が行われないので、もし、1000万円の不正利用が行われた場合には残りの500万円は自分で負担することになります。

また、昨今のインターネットの普及からインターネット上のクレジットカードの不正利用も多くなってきており、クレジットカード本体が盗難、紛失しなくても、情報だけが盗難されれば、不正利用が行えるようになりました。これもカード盗難保険の対象でもあり、不正利用に気付いた場合には連絡を行う事で、補償が行われます。

インターネットの登場で、不正利用の手段も多種多様になったことから、セキュリティ意識を高め、気軽に暗証番号を教えないなどの対策を行わないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ