金融企業の資金調達方法である債権担保とは

債権担保とは、消費者金融やクレジットカード会社などが所有する債権を担保に別の金融機関から資金調達する手段です。債権は負の財産と思われがちですが、これから長期的に返済が行われる裏付けが行われることにより価値が生まれるものになります。

その為、担保として認められ、新たなる融資を行う消費者金融やクレジットカード会社には即座に入手できる資金調達手段になるメリットがあります。もし、消費者金融やクレジットカード会社が倒産などを起こし、担保として動いていた債権は移動することになるので、融資を行ってもらう利用者には返済先を変更することになります。

担保として認められる債権は優良なものであり、返済が滞っている、返済が遅れがちな劣悪債権に関しては融資を行う金融機関や投資家、投資機関も抵抗があることから価値が低く見積もられます。その為、消費者金融やクレジットカード会社は返済に信用がある人間に関して優遇することで、劣悪債権を減らす対策が行われています。

金利のバランスや貸し出しのバランス調整を行う理由としてはこのような背景もあります。
劣悪債権に関しては債権回収業者などに売られる場合もあり、利用者としては返済先が変更されるデメリットと回収業者との新たなる返済方法を話し合う事が必要です。

利用者側も別の金融機関に乗り換えるローンサービスなどもあるので、自分に見合った返済方法を選ぶことが可能になります。このように金融業には価値が生まれる見込みがあるもので取引が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ