全世界で利用されているマスターカードインターナショナル

クレジットカードの国際ブランドとして有名なものとしてマスターカードがあり、それを取り仕切る組織こそマスターカードインターナショナルになります。主な業務としてはマスターカードブランドのクレジットカードを運営する事であり、発行や加盟店に関する業務も行っています。

元々はアメリカの地方銀行が複数集まってサービスを行っており、複数の銀行が集まっていたことから取りまとめ、ルールや組織作りの為に誕生したのがマスターカードインターナショナルになります。

全世界で利用店舗や発行会社を増やすことから、各国にプリンシパルメンバーと呼ばれるマスターカードに関する発行と加盟店の許可を行う権限を与えた企業と提携することで、発行会社、利用店舗を増やしています。

日本ではクレディセゾンやオリエントコーポレーション、JCBなどの大手クレジットカード会社が権利を持っていることから、マスターカードの国際ブランドが搭載されたクレジットカードを発行しています。その為、独自のサービスも搭載することが可能であり、独自のポイントサービスや特典などを付与することで、利用者へのアピールを行っています。

加盟店に関する業務もセディナ、オリエントコーポレーション、ライフカード、楽天カードなどが行っていることから、マスターカードの導入を検討している店舗などは直接マスターカードを通さなくても、権限を持つ会社に問い合わせることで、導入が可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ