リウォードプログラムと呼ばれる付加価値と利用頻度の向上

リウォードプログラムとは、別名リワードプログラムとも呼ばれているサービスで、クレジットカードの利用促進のために利用頻度に応じて付与されるポイントの還元率が多くなる仕組みの事です。

これにより、クレジットカードをあまり利用していない人でもクレジットカードで購入した方がポイント還元率が高くなることで、さらに利用させようという心理が働くので、利用率の向上に繋げることが出来ます。

クレジットカード以外でも携帯電話の利用状況や航空会社のマイレージ、インターネット上のショッピングサイトなどでも利用されており、ポイント付与が異なるステージを設定することで、ステージランクが上がればポイント付与率も大きく変化する仕組みが最近では目立っています。

消費者金融のキャッシングなどでも上限金利と下限金利が設定されており、はじめは上限金利からスタートしますが、利用頻度が多く、信用も勝ち取ることが出来れば、下限金利へと近づくことが可能で、使えば使うほど、金利が低くなることから、お得になる心理が働き、次も使ってみようと考えるわけです。

クレジットカードの場合にはカード会社によって付与されるポイントやサービスなどは大きく異なりますが、インターネットを通して指定されたショッピングサイトで買い物を行うとポイントがより多くもらえるキャンペーンなどが行われています。

代表格として楽天市場と楽天カードの関係であり、楽天市場で商品を楽天カードで購入するとポイントの付与率が大きくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ