カード犯罪に遭遇しない為の対策と注意点とは

クレジットカードで目立つトラブルの大半はカード犯罪です。これは、利用者とは別の第三者が本人に成りすましてクレジットカードを使う犯罪であり、ショッピング枠やキャッシング枠を勝手に使われることで、現金を手にすることが出来ます。

代表的なカード犯罪としてはスキミングであり、これはクレジットカードの磁気ストライプに保存された情報を盗み出すことで、コピーカードを作成し、利用するものです。

対策としてはICチップの導入でスキミングの機器に簡単に読み取られない仕組みにしていますが、海外ではICチップ搭載のクレジットカードに対応していないカードリーダーを使っていることから、利便性の為にICチップと共に磁気ストライプが搭載されたクレジットカードが使われています。

ICチップを搭載していたとしても磁気ストライプの情報だけでも抜き取られればスキミングに成功することから、海外での使用の際にはICチップの対応が行われてない店での利用は控えた方がいいでしょう。

最近目立ってきているカード犯罪としてはインターネットを使ったもので、現実の世界と同様にインターネット社会でも罠は仕掛けられているので注意が必要です。主にフィッシングサイトと呼ばれる詐欺サイトには利用目的のサイトと本物そっくりに作ることで、入力画面でクレジット番号を盗み出す仕組みになっています。

また、コンピュータウイルスなどが入っている場合にはキーボードの入力を読み取るので、クレジット番号が悪意のある第三者へと渡ってしまう恐れがあるので、インターネット上での使用は気を付けなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ