消費者金融などが資金調達の為に行う債権担保融資

債権担保融資とは、消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関が新たに投資資金を集めるために利用する資金調達法です。また、金融とは関係のない企業でも所有する債権を提示することで、資金調達を行う事も出来ます。

債権には優良債権と不良債権に分類されますが、優良債権であれば、きちんと返済が見込めるものになるので、裏付けが行われれば、将来的に価値があるものと判断されるので、債権を担保に個人投資家や投資銀行などの機関、金融機関などに新たなる投資をしてもらうことが可能です。

特に消費者金融やクレジットカード会社の場合には新たなる投資の為に、すぐにでも資金がほしい状態なので、自らが所有する債権を担保にするわけです。
回収が困難な劣悪債務者に関しては価値が認められないものであり、返済日に遅れてしまう、滞納してしまっている者に関しては、資金調達の手段にもなりません。

その為、回収業者などに売られてしまう可能性があり、消費者金融やクレジットカード会社を利用している側としても返済先が変わってしまう可能性があるわけです。融資を行っている金融機関としても全額負担よりも、一部の損益を出してでもいいから手放したいという考えの下で行われるので、回収業者に借金が売られてしまうというわけです。

このような事態にならない為にも無理のないクレジットカードの使い方、消費者金融の使い方が重要となり、劣悪債務者の烙印を押されないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ