多次元データベースを使った信用情報センターの管理データ

多次元データベースとは、複数の項目を次々に切り替えてデータを検索、集計するデータベースの事です。企業では短時間で、多種多様のデータベースで短時間に検索することが可能であり、意思決定支援システム、役員情報システム、オンライン分析処理などのアプリケーションシステムに導入されている事例が多いです。

クレジットカードの場合には一般社団法人日本クレジット協会が開発した信用情報センターにおいて、信用情報に関するデータベースとして利用されており、クレジットカード会社や消費者金融であれば、信用情報を共有しているデータベースになります。

その為、新しくクレジットカードを申し込む場合には審査でデータベースに登録されていないかを検索が行われ、過去にクレジットカードで自己破産をしてしまった場合や返済の滞納が目立っていた場合、消費者金融で多額の借金をしている場合には審査に引っかかることになります。

また、複数のクレジットカードを利用している場合や1枚でも返済が遅れた場合には、信用情報センターを通して所有している他社のクレジットカード会社にも伝えられることから利用停止などが行われる場合もあります。

このような多次元データベースは携帯電話の割賦販売でも利用されていることから、計画的に利用することで、信用情報センターに登録されない使い方が望ましいです。登録された場合には5年間は保存されることから、その間は信用を失うことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ