クレジットカードの使い過ぎに陥りやすい破産債権とは

破産者が破産宣告前に負っていた債務の事を破産債権と言います。破産宣告後に破産が認められた場合には破産者の財産を没収することで債務を解消されるので、破産債務として債権者は回収が難しくなります。

破産の手続き後に生じた債権に関しては例外となり、新たなる債権として破産者はこれを負うことになります。主に破産宣言前の借金であり、家賃滞納や商品の未払い金などが該当します。これらは裁判所から選任された破産管財人によって没収した財産から債権者に分配されるのです。

多重債務に陥って自己破産をする場合にはこのような流れとなり、クレジットカードでも多重債務者になる可能性を秘めていることを意識しなければいけません。

クレジットカードを利用する場合には手元のお金が無くならないことから、いくら使ってしまったのか把握しづらい傾向があり、よくクレジットカードで支払う人ほど、自分の財政管理が行えていません。その為、返済日になると支払うことが出来ずに新たに借金をして返済に充ててしまう人もいます。

つまり、借金を借金で返すパターンに陥るのです。
また、リボルビング払いの登場で、毎月の返済が変動せずにクレジットカードを多く利用しても毎月の返済額が変わらない返済方法もありますが、この場合には返済期間が延長されており、利息も大きくなることから、多重債務に陥りやすい傾向がみられます。

その為、クレジットカードの利用に関しては借金をしていることへの意識を向上させ、計画的に利用しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ