多種多様の顧客を獲得するマスマーケティング

マスマーケティングとは、マーケティング戦略の一種で、特定の顧客層を狙うダイレクトマーケティングとは真逆で、特定の顧客を狙わずにすべての消費者をターゲットとした戦略方法です。

クレジットカードの場合にはポイントシステムがそれに該当するもので、クレジットカードを利用した際に貯まったポイントで商品と交換したりすることから、クレジットカードを利用したいという消費者の意識を高めることになります。その結果として利用率が向上する事で、手数料による収益の拡大が見込めるわけです。

このマスマーケティングを利用することで、不特定多数の顧客を狙うクレジットカードには利便性の高さの多様性の充実性が向いていると言えるものであり、特定の利用者を狙った交通系カード、ドライバー系カードなど特定の利用に特化した場合でも、ポイントが付与される付加価値を与えることで、別の店舗で国際ブランドに対応しているならば、気軽に使える仕組みを作り上げています。

その為、ダイレクトマーケティングの手法を使いながら、マスマーケティングにも適応することが可能なのです。

現在では、市場が成熟しきったこととそもそもこの手法が高度経済成長期に導入されたマーケティング手法だったことで、不特定多数の顧客に向けての広告戦略だとコストが大きくなってしまうというデメリットを持つことになりました。その為、ダイレクトマーケティングで、期待が出来る消費者に向けて効率のいい広告戦略が行われるようになりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ