企業の業務体制を見直すリエンジニアリング手法

リエンジニアリングとは、企業活動や業務の流れを根本的に見直しして分析し、最適化する事です。これにより、業務スピードの向上、人件費などのコスト削減、さらにITを利用することで、最適化した流れを生み出すことが出来ます。このようなプロセスの変更は組織の体制や管理方法、求められる人材などにも大きく影響します。

分析方法としては、活動基準原価計算とバランスト・スコアカードの2種類があり、活動基準原価計算では、業務プロセスを活動単位に分類して各コストを算出し、無駄な部分を発見次第、根本的に無駄がないプロセスを作ることが可能です。

バランスト・スコアカードは企業のビジョンと戦略を市場や環境の変化に適合させ、計画、管理を行う事で、戦略の立案や実行を支援する戦略を組み立てることが出来ます。
このような手法から業務の最適化を行い、効率のいい経営を行うことが出来ます。

昨今ではインターネットテクノロジーの発展から、積極的に取り入れることで、業務の正確、迅速性が向上し、業務プロセスを根本的に再構築に繋げる結果になります。企業としては大きな飛躍も期待する可能性が浮上したことから、1980年代以降のアメリカでは積極的に取り入れました。

その結果としてリストラを招くこととなり、多くの失業者を出してしまうものになりました。その為、求められる人材になることが従業員に必要なものであり、組織のあり方、人の使い方などがこのリエンジニアリング手法によって大きく変わってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ