インターネット上で重要なアカウントとセキュリティ

インターネットサービスを利用する際にアカウントと呼ばれるシステムがあります。これはインターネット上の個人向けサービスを利用する際に入力するID、パスワードをまとめた名称で、サービス提供する側が個人を特定するために使われます。

主にオンラインショッピングやメールサービスなどで利用され、利用者はアカウント情報を第三者に知られないように気を付けなければいけません。

クレジットカードでも、昨今ではインターネットサービスへの対応が行われており、パソコンや携帯電話などから、クレジットカードの利用履歴、請求額、リボルビング払いへの申し込み、振込キャッシングなどの操作がいつでも、どこでも行えるようになり、カード会社も個人の情報を提供することから、アカウントの入力が求められます。

つまり、第三者にIDやパスワードが知られた場合には振込キャッシングなどで見知らぬうちに現金が入手される可能性も否定できません。その為、ID、パスワードに関しては厳重に管理しておかなければいけません。

セキュリティを気を付けるポイントとしては、悪意のソフトウェアがパソコンや携帯電話に入っていないかを確かめる必要があります。最近だとスマートフォンの登場で、セキュリティが甘いことからよく狙われるターゲットになっています。

セキュリティソフトの導入などを行う事で、ID、パスワードの入力情報が漏れないようにする必要があります。また、他のインターネットサービスとID、パスワードを同じに設定している人がおり、他社のサービスで情報が流失した場合に利用される恐れがあるので、サービスごとにパスワードを変えた方がいいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ