現実世界とネット世界でのカード不正使用対策

クレジットカードを使用していると、カード不正使用に遭遇する場合があります。これは所有しているクレジットカードの情報が抜き取られることで、悪意の第三者が本人に成りすまして、ショッピングに利用したり、キャッシングでATMからお金を引き出される被害に遭遇します。その為、利用者はセキュリティに十分気を付けなければいけません。

クレジットカードの情報を抜き取られる可能性として主に2種類あり、代表的なものとしてスキミングがあります。スキミングとはクレジットカードの磁気ストライプに保存されている情報を抜き取る手口で、店舗などで利用する際に利用者の目を盗んで店員が支払いとは別の読み取り機器に通すことで盗まれてしまいます。

盗んだ情報を元に偽造カードを製造して、ショッピングに利用したり、ATMで利用することで、現金を手に入れることが出来ます。

対策法としてはカード会社はICチップを搭載することで、磁気ストライプよりも情報が盗まれにくくしていますが、海外での使用の際にはICチップの読み込みに対応していない店舗などもあるので、ICチップと磁気ストライプの両方に対応しているモデルを発行しているので、ICチップに対応していない店舗での利用を控えた方が被害に遭遇する確率は低いでしょう。

もう一つの手段としてはコンピュータウイルスです。インターネットの普及で、ネットショッピングなどでクレジットカードを使う機会が増えてきました。その為、キーロガーなどの悪意のあるソフトウェアが入っている場合には番号が抜き取られる可能性があるので、セキュリティソフトの導入や怪しいサイトでの入力を控え、カード不正使用を防ぐ必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ