経営難に陥る他社債権一括購入のメリットとデメリット

他社債権一括購入とは、他社の金融機関が所有しているローンやクレジットなどの債権を一括購入する事です。主に、資金難に陥っている、経営規模の縮小で金融業をやめる企業が債権を他社に売る場合にまとめて売るので、これを大手金融機関などが一括で買い取ることがあります。

債権とは債権者が債務者に対して金銭を請求できる権利の事で、ローンやクレジットなどで債務者に融資した金銭を請求することが出来ます。その為、長期的ですが、金銭を回収することが出来ることから、財産権の一つとして認められています。

経営難に陥った、経営規模の縮小などで金融業をやめる会社は消費者に貸付した金額よりも少ない額で売られるケースが多く、すぐに現金が必要な場合に行います。買い取る側としては回収が出来れば利益が出せますので、時間がかかっても資金を回収できれば都合が良いと言えるでしょう。

他社の債権を買い取る場合の注意点としては内容を確認する事です。返済日にきちんと返済してくれる債務者がいる場合には優良債権として価値があるものになりますが、返済日を過ぎても返済が行われず、返済が滞る債務者もいます。

この場合には不良債権となり、回収業も行わないといけないリスクを負う可能性があるからです。経営危機に陥った企業が所有する債権を一括で購入することになるので、購入する企業としては劣悪債務者がいるなどのリスク内容を確認して慎重に審査を行わなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ