マスメディアを使ったクレジットカードの広告の変化

新聞社、出版社、放送局などの特定の発信者から不特定多数の受け手に向けて情報を発信する、新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの媒体のことをマスメディアと言います。最近では、インターネットの普及からパソコンやスマートフォンなどもマスメディアに属する情報伝達手段として発達しています。

私生活で多くの人が情報を受け取る媒体としては新聞、テレビ放送、ラジオ放送であり、これらは広告戦略でも利用されている媒体でもあります。
特にインターネットにおける戦略が昨今では注目を浴びており、アフィリエイト等を用いた一般のユーザーが広告を行う事で、広告利益を得る手段なども登場しています。

その中でも高額収入になるものとしてはクレジットカードの広告であり、平均的に1契約、2000円から3000円の報酬が獲得できることから、クレジットカードの広告は宣伝を行うユーザーが多いわけです。

また契約成功時に報酬が発生する仕組みから、クレジットカード会社はテレビやラジオ、新聞などのメディアを使った場合の広告費よりも低コストで宣伝を行え、特定の利用者を確保できるというメリットの大きさが特徴です。

その為、テレビやラジオなどではクレジットカードの宣伝を見ることが少なくなり、宣伝を見つけたとしても特定のクレジットカード会社だけになっているので、マスメディアを用いた広告戦略が大きな変化を見せ始めているということがわかるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ