悪意のある利用者からクレジットカードを守る

クレジットカードを利用する際には悪意のある第三者からの不正利用を防ぐ必要があり、セキュリティ意識を高めることが、安全にクレジットカードを利用する為に大切な事になります。

クレジットカード会社としてもICチップの導入により、カード内情報の構造を複雑化することでカード犯罪から守る仕組みも作られていますが、最前線でクレジットカードを使用する利用者の意識が最も重要です。インターネット上ではクレジット番号、氏名、有効期限、セキュリティコードを使う事で、簡単に利用できるシステムが登場しています。

その為、悪意のある第三者が情報を盗めば簡単に不正利用が出来てしまう恐れもあるわけです。その為にパソコンやスマートフォン等にセキュリティソフトを導入に常に最新の状態を保っておく必要があり、コンピュータウイルスなどに感染した場合には情報が第三者に知れ渡ることになります。

クレジットカードの保管なども重要であり、紛失、盗難をした場合にはすぐさまカード会社に連絡を行う必要があります。赤の他人が手にしてしまえば、本人確認の必要がないインターネット上などで利用される恐れもあります。

利用場所も注意すべきポイントで、日本国内の場合にはICチップに対応した加盟店が多く存在しますが、海外では未だにICチップの導入が遅れており、加盟店の中には従来の磁気ストライプを使用している場所もあり、スキミング被害に遭遇する確率も高くなることから見知らぬ店舗などで気軽に使わないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ