クレジットカード中毒のカードホリックに陥る理由

クレジットカードは便利な物であり、商品、サービスを利用する際に一時的にクレジット会社からお金を借りる形で利用するので、手元の所持金が減らないことから金銭感覚がマヒしてしまいます。その為、容易にクレジットカードを利用しがちであり、返済のあてもなく利用してしまう人々の事をカードホリックと言います。

カードホリックにはクレジットカード中毒者の意味もあり、商品、サービスを分割払いで支払う事を行えば高い商品、サービスを気軽に利用することが可能になり、毎月の返済も分割で支払う事で、月々の負担も軽減することが出来ます。

また、リボルビング払いの存在もカードホリックに陥りやすいものであり、リボルビング払いを行えば、月々の負担を軽減してくれる半面で、利用者からしてみれば、まだクレジットカードを使う余裕が生まれると勘違いしてしまうので、使い過ぎに陥りやすい性質があります。

利用額が多すぎたと思った場合にインターネット等でリボルビング払いを申し込むことで、その月の支払額を減額になります。これにより月々の返済期間が長くなるだけであり、利息が膨らむ結果を生み出します。

この症状に陥りやすい人の多くは無計画にクレジットカードを使っており、特に女性の場合には高級ブランド商品を購入することで、利用額が多くなりがちになることから、注意が必要になります。計画的に使うためには購入した商品をメモを取ることや所有しているクレジットカードの枚数を減らすなど、利用する事への意識向上を高めることが望ましいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ