債権者が債務者に行う債権保全のタイミング

金融機関が融資を行う際に、融資先の企業が倒産などで融資した金額が回収不能に陥ることを事前に防ぐ手段として債権保全があります。これにより、金融機関も共倒れへのリスク回避にもなります。

債権保全を行う手段としては融資を行う際に事前に担保や仮登記などを設定します。これにより、返済が滞った際に抵当権を発動することで、担保に設定していた物件を競売にかけて融資を行った金銭を回収したり、仮登記により、所有権を移転させるなどの手法が行われます。

企業への融資以外にも個人での消費者金融の利用やクレジットカードによる多重債務なども該当し、債券が消費者金融やクレジットカード会社から債権回収業などに売られる場合には債権保全の為に連帯保証人の設定や担保、仮登記などの設定が行われます。

これにより、自己破産まで追い込まれた場合には出来るだけ債務を回収するために財産を移動させ、債権回収を行う事になります。消費者金融やクレジットカードは比較的に手が出しやすい借金の部類であり、気軽にコンビニATMから融資を受けることが可能なので、多重債務者に陥りやすい入口だとも言われています。

このことから利用に関しては慎重にならないといけないものであり、計画的に利用することが必要です。クレジットカードの場合にはキャッシング枠以外にもショッピング枠で商品を手軽に購入する仕組みがあり、返済時にもリボルビング払いにより毎月の返済額が変動せずに使いすぎてしまう恐れがあることから、注意をしなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ