クレジットカードの上限をマックスまで上げるためには

クレジットカードの利用限度額はマックスで500万円までとなり、上限額は通常の場合には10万円から30万円でスタートが行われるので、請求される会社からの信用を積み重ねることが利用枠の上限を上げるテクニックと言えます。

限度額はクレジットカード会社の審査によって定められ、返済日にきちんと返済することを地道に行い、金融事故を起こさずに信用を得ることで、自動で利用枠の拡大を行う事が可能です。しかし、年会費無料や一般のクレジットカードではどうしても利用額の上限の限界が訪れるもので、平均的にその額は100万円と言われています。

それを打破する手段としては年会費が必要なゴールドカードやプラチナカードへの切り替えが必要となります。これにより最大500万円まで使用することが可能になりますが、急に利用上限が上げられるわけではなく、プラチナカードでも信用がない状態であれば10万円からのスタートになります。

上限の例外として、富裕層が所有するダイナースクラブは利用枠の上限が設定されていないので、青天井で利用することが可能です。しかし、富裕層しか持てないことから、年会費なども高めに設定されています。

上限を上げる手段としてはやはり信用問題があり、有名企業に勤めている場合でもカード会社からしてみれば信用に大きく影響を及ぼすことになります。地道に使用頻度が多く、有名企業に勤めている場合には審査に対する評価も高くなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ