滞納に対する最終通告書である催告書の意味

クレジットカードや消費者金融を利用し、返す期日に遅れた際には催告書が送られます。催告とは利用者に返済を求めることであり、指定された期日に入金が行わない場合には「法的手段等で解決が行われます。」等の厳しい文面で、利用者の返済を差し迫る催告書が送付されます。

似たような性質のものとして督促状がありますが、こちらは強い意味を持つ請求書であり、うっかり忘れてしまったのだろうということを前提としているので、催告書が送られてくる手前の段階と言えます。

その為、返済期限を守らないことが続けば、クレジットカード会社や消費者金融は意図的に返済を避けていると判断することで、次の段階に進むことになります。その為、督促状の時点で注意を払わないといけないわけです。

クレジットカード会社によってはこれらの注意を促す書類を送らずに、返済が1回でも遅れた場合に利用停止や信用情報機関等に登録する場合もあるので、支払いには厳重になる必要があります。法的な問題が起こされた場合には自己破産に追い込まれる可能性もあるので、クレジットカードや消費者金融の利用に関しては厳重に、そして計画的に利用することが大事です。

その為、催告は法的問題で解決が行われる一歩手前の状態であり、催告書が送られてきた場合には期日までに返済を行わなければいけません。もし、お金が用意できない場合にはカード会社に連絡を行い、返済する誠意を見せれば、延長を行ったり、半分の振り込みで次回の振り込みに回してくれる場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ