消費社会における日本消費者生活アドバイザーの役割

日本消費者生活アドバイザーとは資格の一つで、消費社会に対する高い知識と的確な判断を行う事で、商品、サービスに関する苦情相談、使い方の助言を行う業務がメインとなります。

日本消費者協会などでは、専門のアドバイザーが多く在籍しており、商品、サービスに関する苦情、相談、企業への報告や、商品の性能安全性のテストを行っていることから、企業からも注目を浴びている職種になります。

消費者向けのパンフレットや商品説明書、資料等のチェックを行い、商品テスト、モニター、市場調査、取材など、消費社会における商品に対する活動を行っています。また、消費者力検定と呼ばれる検定を行い、アドバイザーと同等の知識を得ることを目的としていることから、日本消費者生活アドバイザーになる為の勉強として受ける人もいます。

日本消費者生活アドバイザーとなった人は、資格保有者が集う協会以外には企業のサポートセンターなどで活躍をしており、電話オペレーターや消費生活センターなどで勤務を行い、消費者からの苦情などをまとめ、企業であれば改善などを行う最前線にいます。

啓蒙活動としても本の出版やパンフレットなどで消費者向けの注意勧告を行っており、会社の新入社員の研修やお客様相談スタッフの研修、講演やセミナーなども行っていることから、企業に対しての講師の役割も果たしています。学校でも消費社会に対する講演を行っていることから、子供でも商品を購入する際の注意点を勉強することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ