自己破産の開始を示す破産宣告と破産する原因

これから破産を行う事を破産宣告と言い、2004年の破産法改正により、破産手続開始、破産手続開始の決定に改訂されました。これは多重債務者などが財産を引き換えに債務をリセットする自己破産を開始を始める事の開始を示すものであり、裁判所は原因の存在と証明を行い、債務者の再生の為に判断を行います。

債務者が所有している財産に関しては破産宣告後に裁判所で選定された破産管財人によって管理が行われ、換価がある有形物などの財産から、不動産などの所有権、将来的に財産になる保険金や退職金などを請求する権利が取り上げられる形になります。

破産管財人はそれらを債権者への配当を行う事で、金融機関などの債権者はこれで今まで融資を行ってきた金銭を補うことになります。

多重債務者になりやすい傾向としては消費者金融等のローンサービスやクレジットカードの利用頻度であり、特にクレジットカードは誰もが所有できる物であり、気軽に借金をしやすい性質から、無計画なカードの使用方法が問題視されています。

カードホリックと呼ばれる、クレジットカード中毒になっている利用者や無計画に使って返済の際にリボルビング払いで返済額の一部を後回しにするサービスなどの登場により、利用者の金銭感覚がマヒしてしまうことから、このような事態が発生しています。

クレジットカードの利用は計画的に、利用金額の把握などが重要であり、出来るだけ、利用頻度を最小限に抑え、、カード枚数を減らすことが破産をしない為の手段です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ