個人信用情報センターとのマッチング率が高い場合のデメリット

消費者金融や銀行のローンサービス、クレジットカードの申し込みなど金融機関のサービスを受ける際に信用できる人間なのかをチェックする為に個人信用情報センターに問い合わせることがあります。

この場合に既に登録されている人間であれば照会適合となり、自社が行う金融サービスで信用情報に登録されている人間が多ければ、マッチング率が高いと言えます。
個人信用情報センターには個人の氏名から生年月日、勤務先、住宅情報、ローン状況などがまとめられており、現在の債務の状況などが記録されています。

その為、他社の債務の状況を確認することで、信用できるのか判断を行うわけです。支払いの遅延などの金融事故を引き起こしてしまった場合には当然ながら登録が行われるので、申し込みが行われた金融機関では信用出来ない人間と判断されます。

金融機関以外でも利用されているケースがあり、携帯電話の購入の際に割賦販売が行われ、携帯電話本体の代金をきちんと支払える人間なのかを判断するために利用されます。携帯電話の場合には過去の支払い状況なども審査の対象となるので、購入の際に割賦販売が断られてしまうケースもあります。

このようにマッチング率を上げない為にも安全な使い方が求められるものであり、消費者金融や銀行のローンサービス、クレジットカードなどで支払いの遅延の発生や事故を引き起こさないことが信用を守るための手段になります。一度でも引き起こしてしまうと金融機関によっては審査がクリアできないものもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ