弁済を行うための履行期限の設定の意味とは

履行期限とは弁済期限とも呼ばれ、主に投資家が証券会社などの金融商品取引業者に資金や株券を返さないといけない期限の事であり、制度信用取引では原則6か月と定められています。

投資家と証券会社等の金融商品取引業者との間で合意が行われれば6か月以上でも設定することが可能であり、期限を設けていない場合もあります。
倒産処理の手続きなどが行われた場合には協議を行う事で、延長することも可能になります。

履行期限が無期限になる場合には証券会社が認めている場合であり、投資家を多く集めたいネット証券などではその他の証券会社よりも優遇を行う事から、無期限に設定している証券会社が多く、投資家などは投資戦略に応じて柔軟に返済を行う事が出来ることから、家で株の取引を行うデイトレーダーなどが利用する機会が多いです。

信用取引以外としては消費者金融やクレジットカードなどの債務が該当し、クレジットカードの場合には支払日に銀行口座に設定している場合には当日に引き落とされますが、コンビニ払いなどにしているケースには期限内までに支払う必要があるので、前日などに支払いを行ったとしても問題がありません。

また、消費者金融の場合でも同じ仕組みであり、町の小さな消費者金融のケースには期日までに返済を行う必要があります。一方、大手のケースではあらかじめ設定を行った銀行口座からのインターネットで返済の申し込みが行えるので、早期返済が行えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ